保育士の資格と求人について

保育士の仕事と求人規模

保育士とは知識と技術を活かして子供の保護者の育児相談やサポートを行う仕事の事を言います。保育士の仕事内容は主に1歳から5歳までの子供を親御さんから預かって、食事や遊びなどの世話、手助けをしながら基本的な生活習慣を身につけさせることです。また子供の健康や変化に気を配りながら安全管理に努めなければなりません。子供の世話だけなく保育園の衛生管理や行事に関する準備やカリキュラム作成など現場以外の仕事も任されてきます。

自分は保育に向いているかどうか。

保育士になるには2つの方法があり、保育施設の短大や大学を卒業する方法と、通信講座などで学びながら保育士試験に合格する方法があります。保育士試験は科目も多く、たくさんの知識を取得しなければならないので、しっかりと保育について勉強しておくことが大事です。そして最も大事なのは子供が好きであるかということです。子供の気持ちを汲み取り、その気持ちをしっかりと受け止められる人間性も求められます。また子供の成長を見守る体力や忍耐力も必要です。

保育士の求人体系と給与

現在、待機児童の数が増えており、全国的に保育士不足が深刻です。資格を持っていても実際に就業する人が半分以下で、有効求人数のほうが多くなっているのです。保育という職は、子育て支援専門家として社会的信用もあり出産や転職にも有利です。保育の求人情報は求人サイトで見ることができます。保育専門支援サイトでは専門のコンサルタントが求人選びや就業までサポートしてくれます。これらを有効に活用することで希望に合った勤務体系の保育園とめぐりあうことができます。

保育士の求人は、全国どこへでもでています。人気のある保育園の求人は早めに埋まってしまうため、情報収集はこまめに行うと良いとされます。