専属運転手は運転するだけが仕事ではない!?

専属運転手はどんな車にも対応出来る

専属運転手は企業の重役クラスを送迎をするお仕事となっています。企業によって社用車はことなるので、国産車、外国産車、高級車などいろいろ扱います。乗ったことの無い他人の、ましては高級車となったらガチガチに固まって正常な運転って出来ませんよね。企業の重役クラスを乗せて事故を起こし、怪我をさせたとなると身震いする思いですよ。しかし、この業種の方たちは専門の講習を受け、知識や経験が豊富のプロドライバー達ばかりです。どんな状況になっても冷静な判断力と洞察力でサービスを行う一流ドライバーしかいないのでしょう。

送迎するだけが仕事ではない

専属ドライバーの仕事は、その名の通り運転がメインです。問題の無いように依頼者を送り届けたり、急なスケジュール変更にも上手く対応の出来るような仕事です。しかし、乗せるのは重役とその側近です。運転だけが仕事では成立しません。気配りや目配りをし、雑務等のサポートもしなければなりません。常に気を張っていそうで疲れてしまいそうですね。それも企業独自の指導により、サービス面も強化されるのでしょう。もどのようなことでも応えられるようにしておかなければいけないので、心身共に疲れがグッと来そうなお仕事でしょう。

実際に利用するまでの流れ

プロドライバーを雇おうと思って契約するには、まず打合せが必要です。その企業や個人より求めている性格やスキル、サービスに合わせた人材を用意しなければなりません。時には無理難題の要件を聞くようで大変そうですよね。そして、企業の要望に応じたプランニングを行い、提供します。そして契約する手順となります。専属ドライバーなので安価というわけには行かなさそうですね。そして、日程を決めていざ派遣開始という流れが基本です。意外と簡単に進みそうですね。

芸能人には専属運転手がついていることが多いです。専属になるには、事務所のスタッフや芸事を勉強している身であることを重視されます。